酸性、アルカリ性、、。

聞いたことがあると思いますが、

昔々理科の授業で習ったアレです。

食べ物にも酸性、アルカリ性があるんです。

最近は抗酸化!

アンチエイジングには抗酸化!

酸化するのはよくない!と常識になっていますよね。

酸化とはサビること。

サビる原因のひとつが、細胞内に入った酸素が栄養素と結びついてエネルギーを作る際に発生する「活性酸素」です。

本来、活性酸素はカラダにとって必要なもので、体内の毒素や異物、ウィルスなどを分解する役目を持っています。

ところが、それが余分に蓄積されてしまうと、正常な細胞まで攻撃してしまうのです。

また、カラダはアルカリ性若干アルカリ性によっています。(pH7.3前後)

カラダが酸性に傾く最も大きな原因は、食生活の偏りです。

酸性食品ばかり食べ続けると、カラダは酸性化してしまいます。(アシドーシスといいます。)

だからといって、酸性食品を食べていけないわけではありません。

要はバランスなのです。

ご飯を食べるときには味噌汁はセットですよね?

ご飯は酸性、味噌汁はアルカリ性と、バランスが良いです。

昔からご飯と味噌汁がセットになっているのは、理にかなっているんですね!

・酸性食品とアルカリ性食品って?

レモンや梅干は酸っぱいから酸性だと、勘違いされている人も多いかもしれませんが、味によって、区別するわけではありません。

酸性食品の代表的なものは、肉、魚、卵、穀類等です。
アルカリ性食品は野菜、海藻、果物、キノコなどです。

健康、美肌を保つために、積極的に摂りたいですね。

特にシミが気になる方は体液をアルカリ化するのが一番と言われています。

特に夏はアシドーシスになりやすいので、

アルカリ性食品等をよく摂り、紫外線対策(特に下地が大事です。)をしっかりして、シミを防いで✨

すっぴん美人を目指しましょう!

 

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。